FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏の旅行③ 高松・小豆島
お天気がよく、爽やかな朝です。

バスタブから青空が見えます。
(でも、背中側に蛇口と栓があるので、どうもリラックスできない感じ
o1_20121008103415.jpg

オーベルジュの朝食
テラスでいただきます。
フルーツたっぷり
ヨーグルト(自家製イチジクジャムが美味しかった)とパン(クロワッサンがさくさく、パンは販売もしています)
飲み物、でも卵などのお料理はないので、ちょっと軽めです。
テラスは西向きなので、そんなに暑くなく、波音と風が気持ちいいです。
o2_20121008103436.jpg

o3_20121008104201.jpg


フェリーに乗って、小豆島へ
1時間ですが、中の売店でおうどんが売っていたり、駅弁を食べている人がいたり
地元の物でオリーブサイダー(初めは甘いけど、後口がオリーブの苦味があります)
オリーブ茶(初めから苦味があります、ちょっと飲みにくい)
o4_20121008104222.jpg

小豆島到着
タクシーで「なかぶ庵」へ行く予定が、お盆時期でタクシーがいない!!
(なかぶ庵さんの予約の時に、いつもタクシーはいますよとと聞いていたのに...)
なんとか、島宿真理さんのご好意で送ってもらい、「なかぶ庵」へ


ここでは「そうめんの箸分け体験&食事」を事前に予約
太めに伸ばしたそうめん生地を自分たちでもっと細く伸ばし、その後、箸でくっついているそうめんをバラバラに分けて、乾燥させるという体験コースです。
そうめんは、うどんやそばと違い、生地を丸いまま引っ張って伸ばしていきます(断面は○)
うどんは台の上で伸ばして、包丁で切るので切った断面は四角になります。

体験後は、生そうめんの食事
o5_20121008180113.jpg
見た目は、普通のそうめんと変わらないけど、味わいが全然違います。
つるつるで、さぬきうどんのようにもっちり腰があります。
これは食べてみないとわからないですね。
1人5袋までなので、5袋お買いあげ(賞味期限は冷蔵で1カ月です)

その後、「島宿真里」へ
ここはとても評価が高く、期待が高まります
7室のみの小さなお宿
ここが予約できたことから、この旅行の計画が始まりました。

古い蔵を移築しているので、床が黒光りしている所もあり、間接照明が映えて、とても素敵です。
もちろん、新しく使いやすくもしてあるので、風情と使いやすさと両方兼ね備えています

今回のお部屋は「て」
リビングは天井が高く、太い梁が印象的です
左にツインのベッドルーム
右にテラス
o6.jpg
まず、お茶を
もろみまんじゅうとくずまんじゅうの梅干しソース(このソースがさっぱりしてとても美味しかったです
k1_20121010193330.jpg

冷蔵庫には「香草水」
p1_20121010095818.jpg

ここは、貸切もお部屋のお風呂も温泉です。
お部屋にも檜風呂があるけど、とりあえず大きな貸切風呂に行き、
その後は囲炉裏端(ここが昔の木造りで、黒くてピカピカ、薄ぼんやりと落ち着けます)で
「オリーブかき氷」
o7_20121008180619.jpg

夕食
ここは「醤懐石」
小豆島といえばオリーブで知られるが、醤油も特産のひとつで、その歴史は400年前にさかのぼり、明治15年頃には約400軒の蔵元があったという。
このお宿も昔は醤油屋さんだったのを、今はこのお宿になっているそう

色んなお料理が出たけれど、印象に残っているのが、
この4種類で(生上げ醤油が2種類と、再仕込みしょうゆ、もろみたれ)
地物のお刺身と宿の畑で採れたお野菜をいただきます(2人前)
再仕込みしょうゆは4年かけて作られているそう
o9_20121008181121.jpg

鮑、かわはぎ、マナガツオ、鯛、すべて地のお魚です
o10.jpg

ここでも「なかぶ庵の生そうめん」
お昼もいただいたけれど、美味しいから、嬉しい
ここでは麺つゆにもろみが入っていて、ちょっと独特なコクがあります

おしゃれに竹皮に包まれて、ほんの一口
o11.jpg

部屋によって、追加のアラカルト料理が選択できまます。
あこう鯛の薄造り
脂が乗って、皮も美味しい
もろみたれと真里特製ポン酢

o12.jpg
もう1品はオリーブ牛にしましたが、やはりお魚にした方がよかったな~

米烏賊と焼きナスの酢の物(お酢の加減がとてもよい)
p2_20121010100413.jpg
煮物
あいごのしょうがもろみ
p3_20121010100448.jpg

ご飯は
土鍋の「ごまと新生姜のご飯」
最後にカドヤの太白ごま油をかけます。
小豆島はカドヤの胡麻油の工場もあり、ごま油も名産らしいです。

よくこのお宿のスペシャリテで出てくる「オリーブご飯」を期待していたのですが、
これは新漬けのオリーブが出る11月~位らしい、残念
p4_20121010100616.jpg
他にも色々なお料理が出ましたが、どれも工夫があり、とても美味しかったです

食事が終わって、先ほど囲炉裏端で見たたくさんの果実酒を食後酒としていただけるということで、
b2.jpg
南天の実や松葉など面白い物があり、気になる種類を少しづつ、お部屋いただきました。
甘みが少なく、ブランデーのような感じ

色んなお醤油やもろみを使ったお料理に大満足
なかなか予約のできないお宿だというのも、よくわかりました。
満足してお休みなさい
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

はじめまして
はじめまして。
私も今年なかぶ庵いきました。
全然ちがいますよね、生素麺。
キュッキュッとしてて、ほんとーに美味しかった。
Re: はじめまして
> 全然ちがいますよね、生素麺。

ホント、見た目は同じでも味はキュッキュッとして美味しかったですね。
冷蔵で1カ月というのがお取り寄せとしては、ハードルが高いです。
他に乾麺のオリーブそうめんや梅そうめんも買ってきたので、それも楽しみです。
No title
有楽町のアンテナショップに行くとうどんと醬油の種類の
多さに驚かされました。なので選ぶのに時間がかかります。

旅館の黒光りしてる梁がステキですね。
こんなお部屋だったら外に出歩かなくなりそう。

小豆島のオリープらーめんが食べたくなっちゃいました。
Re: No title
> 旅館の黒光りしてる梁がステキですね。
> こんなお部屋だったら外に出歩かなくなりそう。

写真がうまくとれなかったけど、とても素敵なお宿でした。
小豆島は高松からフェリーで1時間かかり、翌日に観光もしたので、再訪してもどうかなあとは思うんだけど、またこの宿には行きたいと思いますね。

> 小豆島のオリープらーめんが食べたくなっちゃいました。

今度、アンテナショップで買ってみるわ
プロフィール

Rie

Author:Rie
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。