FC2ブログ
佐川泰正展@龍雲庵
やっと、頼んでいたお椀が来たので記事をアップします。

福井県鯖江の漆の「佐川泰正」さんの器を使った食事会(兼販売会^^;)
この「うるしの会」もこの会で101回だそう。

まず、ご本人からお話を聞きます。
直接、お話が聞けるのがこの会のよい所

佐川さんのお椀は、底と口に布着せして、しっかり作ってあります

右は生地のまま
布着せしたのが左
u1_20120414082411.jpg
その上に何度も漆を塗るので、布は全然分からなくなります。
今回、主催の漆宝堂さんの依頼で作った「四季椀」という檜のお椀が出ていました。

*HPから
今は欅が主流ですが、かつては、 檜がもっとも上等とされていたのだとか。
檜の木地は、漆の吸い込みがよく何回でも塗り重ねられるので、
丈夫でより美しく仕上がるそうです。

持ってみると他の椀と比べて、ビックリするほど軽い
そして、とても口触り、手触りがいいのです。

お料理
少し前だったので解説はこちらで^^;

u2_20120414082737.jpg

この八寸の盛ってある「錆彫根来八寸鉢」も一目で気に入り、購入決定
四季椀も黒と朱の2つを購入決定、それがやっと届きました
u3_20120414092500.jpg

漆は使って洗い、拭くことによってつやが出てきます こちら→

今年の目標の「色んな事を丁寧に過ごす」
このように、つやつやになるように大切に使いたいと思います。

1年後、5年後のこのお椀が楽しみです
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

No title
龍雲庵ってベターホームで和食教えてる人?
槻でなくて檜なんだ。母は年を取って手に力が入らない
らしく、落としてしまうので、本人自ら子供用のカップを
使っているの。檜や槻の汁茶碗はあるけど、ご飯茶碗もあるの?
Re: No title
> 龍雲庵ってベターホームで和食教えてる人?
そうですよ^^

> 槻でなくて檜なんだ。母は年を取って手に力が入らない
> らしく、落としてしまうので、本人自ら子供用のカップを
> 使っているの。檜や槻の汁茶碗はあるけど、ご飯茶碗もあるの?
ご飯茶わんもありますよ
軽いからいいけど、下が固い所だったら落とすと割れるかも。
ホント軽くて、びっくりしますよ。
プロフィール

Rie

Author:Rie
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク