FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GWのパリ④三ツ星ディナー「エピキュール」
(色んな事があり、ちょっとサボっていました...^^;)

泊まったル・ブリストルの中には、三ツ星レストラン「エピキュール」があります。

そこでも1度ディナーを
毎日の朝食もここで、スタッフやマネージャーも顔見知りになったので、初めてのディナーでもなじんだ感じです。

今回はスペシャリテを食べたかったこともあり、コースには入ってないので、アラカルトでオーダー
予約時間が遅かったこともあり、メニュー選びの時にそのスペシャリテは残り1つになっていて、すぐにオーダーしました(間に合って、よかったです)

アミューズ色々
e1_201308221521324d9.jpg

e2_20130822152156d49.jpg

e3_20130822152226bce.jpg

e4_20130822152250a68.jpg
ここまでがアミューズ
どれも美しくて美味しくて、期待が膨らみます

夫の前菜
軽く火を通した手長海老にキャビア、茎セロリのゼリーに柚子のクリーム
e5_20130822152420692.jpg

私の前菜
イチョウガニのグリーンゼブラトマトのゼリー仕立て、エストラゴンとカレー風味
e6_20130822152709513.jpg
e7_2013082215273965f.jpg
感動のお味です

そして食べたかったスペシャリテ
ブレス鶏の膀胱包み(2人前)
これを2つのお料理でだしてくれます。
・ジョーヌ風味の胸肉、グリーンアスパラ、モリーユ茸、ザリガニを添えて
・モモ肉と西洋ネギとジャガイモ、トリュフと共にブイヨン仕立てで

e8_201308221531324cd.jpg
膀胱って、こんなに膨らむんですね~!!
ここなかに丸々1羽のブレス鶏が入っています

そしてこの左の男性がサービスをしてくれた、ムッシュD
イタリア人でとっても陽気、夫ともジョークをいったりして、三ツ星とは思えない楽しい雰囲気を作ってくれました
右の男性が目の前で1羽を、とても素早く綺麗にさばいて、胸肉のお料理の盛り付けをしてくれます

e9_20130822153528eeb.jpg
この鶏の足がついた銀器がさすが、三ツ星のスペシャリテですね
e11.jpg
しっとりと火の通った胸肉にクリーミーなソースが合います
旬のモリーユもたっぷり

胸肉をはずした残りの鶏を厨房に持って行って、こんな感じで出てきました。
さっきが古典的な膀胱で包んで旨みを閉じ込めたのに対して、
次は現代的な加熱用のセロファンで包んで旨みを閉じ込めたスープ
e12.jpg
トリュフの香りがセロファンを開けた途端、香ってきました。
濃厚な鶏の出汁が利いていて、小さい角切りのモモ肉やジャガイモと普通の材料だけど、全然別格の物です。
e13.jpg

もうお腹いっぱいで、ここのパティシエが色んな賞をとった期待の人なのはわかっていたのですが、デザートはパス(残念...)
それでもこのアイスクリームが、お口をさっぱりとさせてくれました。
e14.jpg
その後に、ワゴンで...もう入る場所がありません(涙)
そうしたら、小さい箱に少し入れて、お土産にしてくれました。
e15.jpg

ムッシュDのおかげもあり、三ツ星だけど、堅苦しくなく、とても和やかで楽しい雰囲気で食事ができました。
彼に感謝です
味もサービスも、とても満足なディナーでした

スポンサーサイト
プロフィール

Rie

Author:Rie
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。