FC2ブログ
おうちでチーズの会
中国茶の先生の斡旋で、美味しいチーズを手に入れました。

せっかくなので、うちで持ち寄りチーズの会を

チーズは今回はこの4種類
c1-2.jpg

上から
ムーランカレ(カマンベール)A.O.P

ミモレット24カ月

セル・シュル・シェール (ヤギ乳、周りは黒い炭)

左が エポワスA.O.P

感想:
特にエポワスがトロトロでいい熟成加減で最高でした
セル・シュル・シェールもヤギだけど食べやすく、酸味とコクのバランスがよく大満足


パンは忙しくて、お料理できなかったKさんからの持ち寄りで
中目黒のトラスパレンテと渋谷のドゥマーゴの物
c4_20130331114704.jpg
もっとたくさんあったのを約7時間でペロリでした。
私はトランスパレンテの細長いコンミエールというパンが特にお気に入り。
細長い棒状の堅いパンで、蜂蜜とセージバターが美味しいのです

私が作ったお料理3品は
牡蠣のオイル漬け2種
右はオイスターソース味でオリーブオイル漬け
左はガーリック塩味でグレープシードオイルで
今年はよくオイル漬けを作りました。
ちょっとしたつまみに最高、この季節だけのお楽しみですね
c3_20130331114824.jpg

鯛の広東風お刺身サラダ
これを大きなガラスの器に順に入れ、目の前でオイルやたれと混ぜ合わせます
色んなお野菜たっぷりで、チーズでくどくなったお口をさっぱりさせてくれます。
c5_20130331114848.jpg
写真を取り忘れの
フランス風の野菜たっぷりのスープ ピストー風味

お友達が持ってきてくれたのが
サーモンとリンゴのテリーヌ
甘酸っぱいリンゴとサーモンがよく合っていて、ワインが進みます
c2_20130331114956.jpg

アスパラの牛肉巻
c7_20130331115141.jpg

きのこのマリネ
c8_20130331115204.jpg

鎌倉の「くるみっこ」というお菓子もとっても美味しかったです。

飲んだワインは

c6_20130331115944.jpg
泡1 白1 赤2 デザートワイン1の計5本
デザートワインもなかなか飲む機会がないので、持ってきてくれたKさんに感謝
4人でよく飲みました^^;

お昼からスタートして夜まで約7時間、食べておしゃべりして、とっても楽しい時間を過ごせました
家飲みもいいですね~
スポンサーサイト



3月の京都  妙心寺特別拝観
京都で、お昼から夕方まで時間ができたので、Uさんお勧めの妙心寺の特別拝観に行ってみました。

f1_20130330093330.jpg

特別拝観が目当てだけど、まずは妙心寺の基本
f6.jpg

天井画雲龍図」(撮影禁止)
この龍は目は牛、うろこは鯉、爪は鷹など色々な動物のパーツを参考にして描いたそう
直径12mと迫力があり、見る角度によって、表情(きつい感じややさしい感じ)や動き(昇り龍、下り龍など)の見え方が違います。

浴室
明智光秀を弔うために、蜜宗和尚が作った物
どうして浴室?と思ってガイドさんに聞いたら、やはり表だって弔うことができなかったたからだとか。
蒸し風呂で、奥にかまどがあり、1人が使えるお湯の量も3杯だったかな?、決められていたそうです。
f2_20130330095421.jpg
f3_20130330095437.jpg

特別拝観
その1 大庫裏(おおぐり)・経蔵(きょうぞう)
こちらもガイドさんが説明してくれます
f5.jpg

大庫裏(おおぐり)は、台所の事
今は使っていないけど、S50年位までは使っていたそう。
150~200名の食事を作ったかまど
こちらは最大級の大庫裏なので、庫裏の守り神の韋駄天(いだてん)も別の祠で祭ってあります。

f7.jpg
kyouzo.jpg

経蔵(きょうぞう)
建物の中に、きっちりと経蔵があり、裏からしか入れないし、明るくないのでうまく写真が撮れません...
引き出しが800
6527巻のお経がしまってあり、取っ手が付いていて周るようになっています。
1回転させると全巻を読んだのと同じ功徳が得られるといわれています。
大きな経蔵が簡単に回るのが不思議です。周る所を見てみたいですね
(私たちは回すことはできません^^)

1年に1回7月に虫干しするそう。
ガイドさんからその写真も見せていただきました。

妙心寺のもう一つの特別拝観
②東海庵 12年ぶりの公開です
とうかいあん

3つの庭が有名です
「白露地の庭」
無の境地になるため何もなくした庭
塀の5本線は格が高いということ
なにもない

東海一連の庭
3本の松、鶴や亀を表す石など不老不死の仙人が住むという三島を表しています
2ばん
書院南庭
7坪に7つの石
3番目

それぞれにガイドさんがいて、とてもしっかり説明してもらえたのでよくわかりました。
ゆっくり見たのもあり、約3時間!!
錦市場に行く時間がなくなったけど、大満足
また、来年の冬の特別拝観で他の見学に行きたいと思います。

帰りに予約していた大好きな「はつだ」の牛肉弁当を受け取り、蓬莱の肉まんも買い、新幹線に乗りました
日本酒とチーズのマリアージュ
先日、酒蔵巡りに誘ってくれた友達が主催している「日本酒とチーズのマリアージュ」に行ってきました。

酒

日本酒4種類 

A:屋守 (おくのかみ) 純米中取り無ろ過生
(東京都東村山市)


使用米 八反錦50%(麹)55%(掛) 
爽やか&フレッシュな香り、お酒を搾る際に一番味わいのった部分のみを詰めた「中取り」の純米。滓引きや濾過はしてないので、お米本来に由来する芳醇な旨味が口中いっぱいに広がります、心地よい酸がとてもバランス良く調和しており、旨甘の極上純米です。若干感じる苦が後口をスッキリさせるアクセントになりキレの良いお酒に仕上がってます。

感想:美味しい マイルド(原酒なのでしっかり) 

B:秋田 白瀑 特別純米生原酒
六号酵母
本家本元の6号酵母(通称:新政酵母)を友人である新政酒造さんより
秋田県酒造好適米「酒こまち」を55%精米
六号酵母仕込みは、やや甘みを伴う香り、ややさわやかで綺麗な印象、程よくふくらみ心地よい甘みも感じられ後味はさばけの良い「女性」的な印象

感想:まろやか (原酒なのでしっかり)

C:秋田 白瀑 特別純米生原酒
こちらは協会7号酵母(通称:真澄酵母)
秋田県酒造好適米「酒こまち」を55%精米、丹念に仕込んでいます。
七号酵母仕込みは、香りひかえめ、ボリュームのある米の旨み、力強いパンチの効いたさわやかな酸が特徴で若々しく躍動的な「男性」的な印象です。

感想:きりっ 強い印象 (原酒なのでしっかり)

BとCは米、精米度が一緒で、酵母違い こうやって同時に飲んでみると違いがはっきりわかります
こんなに味が違うとは!!
Bは女酒、Cは男酒といわれるそう

D:清泉 春の予感 (千葉)
友達の差し入れ
他が原酒なので、ちょっと印象が弱く感じる。
これだけ別に飲みたかった~^^;

チーズは
①さくら アフィネ
以前いただいた時に比べて、かなりしょっぱく感じた
桜の花がのっている印象だったけど、葉のみで花はのってなかった。

②ゴルゴンゾーラ 神亀酒粕熟成
かなり酒粕が強い
日本酒向けに作ってあるオリジナルブルーチーズ

③ゴーダ トリュフ入り
トリュフというより、サラミっぽい

④オッソ・イラティー
羊乳なので今が旬 食べやすい
ミルキーでマイルド

マリアージュだけどなかなか、ぴったり合う物が見つけられない
ワインの方が合いそう...というと怒られそうかしら^^;
私的には Bと③がベストマリアージュ

他の人は Cと① Aと①などがベストという意見

秋田 白瀑、Bのマイルドさ、Cの強さに合わせて、お料理と合わせてみたい気がした

久しぶりに真剣にテイスティングしたけど、なかなか良かったと思う
日本酒の好きな銘柄とかをもっとはっきりわかるように、ちょっと勉強してみよう。
また参加したいと思います
プロフィール

Rie

Author:Rie
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク