FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年末恒例のお楽しみ@ロイヤルパークホテル水天宮 桂花苑
年末にここで美味しい中華をいただくのが、ここ最近の年末のお楽しみ

前菜盛り合わせ 美しいです
アンキモと白子の紹興酒漬けが特にお気に入り
紹興酒が進みます
一口づつ色んな味が楽しめて嬉しい
k1_20121231231610.jpg


タイガーシャークと吉切鮫の煮込み
前回、担当のシェフが変わって「上湯が変わったみたい?」と言ったら、
好みの味に調節してくれたようで、その気配りに感謝ですm(__)m
k2_20121231231639.jpg


鬼カサゴとホッキ貝の炒め物 (頭とカマは揚げものに)
ホッキがいい味を出しています。黄ニラもいい
k2-2.jpg

ナマコ、天使のほっぺ、白菜のトリュフ煮込み・フォアグラとキャビア添え
このお料理、感動しました
一番下の白菜がすべての旨みを吸って、本当に滋味豊かな味になっていました
その上にむっちりプリプリのナマコ、軽いプリプリの天使のほっぺ(鮫のホホ)
一番上にフォアグラの濃厚さとキャビアの旨みの塩分
パーフェクトな組み合わせでした
k3_20121231232254.jpg


干し鮑の煮込み
やっぱり、干鮑ぎゅーと旨みが凝縮していて美味し~い
下の豆苗にソースをからめていただくとまた2度美味しい
オットは「お皿を舐めたいくらいだ~」とのこと^^;
k4_20121231232908.jpg

坦々麺
さっぱりしたスープで、レタスのしゃきしゃきも、〆にはいい感じです

k1_20130101161430.jpg

デザート盛り合わせ
ラフランスの杏仁豆腐、さっぱり
タピオカ入りのプリン?
さっぱりした物で口がすっきりしました
k5_20121231233559.jpg

考えてみるとお肉がなかったけど、それでいい感じでした。
いつもの定番と、新しいメニューと毎回期待を裏切らないお料理を出してくれます
120% いや、200%満足です
ありがとうございました
スポンサーサイト
脇屋さん特別料理講習会2012 @横浜トゥーランドット
今年も参加しました。

今年で3回目(私が)の脇屋さん特別料理講習会(忘年会)@横浜トゥーランドット

去年までの教訓をいかして、早めに到着。

今年のレシピは簡単

①チャイナコロッケ
②ワンタン
③香ラ―(ラー油のラ―)豆腐

まず、お料理を壇上で脇屋さんがデモ

その後、お食事会
ユリ根と銀杏
銀杏のソースが面白い
w1_20121228104218.jpg

前菜盛り合わせ
w3_20121228104301.jpg

チャイナコロッケ
デモのコロッケに、黒トリュフが入って高級版に
マッシュポテトの中にエシレバターときのこのペーストが入って、食パンをまぶして揚げた物
でも中華じゃない感じとテーブルのみんなで
w4_20121228104539.jpg


ラビオリスープ
w6_20121228104912.jpg
ラビオリ?わんたんじゃない?とまたテーブルで議論
中身は豚肉と蟹

デモで作った、ワンタンのピリ辛ソース
w5_20121228105145.jpg
5人分です
これはおいしかったし、家でもすぐに作れそうなレシピ

和牛と野菜のラ―豆腐
w7.jpg
次はご飯だから、これがメイン???とみんなでがっかり
取り分けのお椀に1杯、下はお豆腐なので、友達はお豆腐残していました...
今年はメインらしきもの、たとえばフカヒレとか鮑とかがなく、みんな残念がっていました。

五穀米の香草ご飯
w8.jpg
卵黄をおしょうゆ?に漬けた物を入れるのが、コクが出て美味しい
でもご飯はほんの大匙3杯くらい
私たちには食べ足りない...(50~70才台の方が多いからこれでいいのかな??)

デザート
w9.jpg

食事をしながら、抽選大会をしていきます。
今年は私は当たったのですが、友達は当たらず
私のパスタをおすそ分け
5人のテーブルで2人当らない人がいて、残念でした。

去年(こちら
おととし(こちら
と比べると、お料理、アルコール(今年は頼まないと出てこなかった...)プレゼント、ちょっと残念な感じが否めませんでした。
やっぱり、不況のせいなのかな...

「茶匠と語ろう」
スリランカで同じツアーだった方から誘っていただいたこの「現代喫茶人の会」のイベント

「こだわりのお茶を茶匠自ら入れて貰い、美味しいお茶を求める方々と語らいながらゆっくりと楽しんで頂きたい
そんな思いから始まったこのイベント」

興味のある茶匠さんのブースで、話を聞きながら、お茶を淹れてもらいます。
一席25分で入れ替わりです。

まず
①斎藤 安彦 氏 (静岡 島田市伊久美)
この茶匠さんは、中国茶も台湾から同じ機械を導入して和製ウーロン茶を作っています。
「炒青 ちんしゃん」
今、資生堂から出ているUV TEAを作ったのもこの方
興味深い話を聞けました。
とってもお話も面白く、一席の25分があっという間でした

②中谷 一美 氏 (八女 くま園)
まだ若い女性の方です。
水出しの玉露
お煎茶(バランスのよいお茶です)
c2_20121203103530.jpg
欲しかった紅茶が最後の1缶で、タッチの差で売り切れ...
小袋で我慢、試してみます。

③佐藤 浩光 氏 (静岡 静岡市)
時々出るアルピノのような黄色い葉っぱのお茶の木
それを27年かけて増やしたのがこの写真の畑
菜の花のようです(このような木からのお茶は日本でも5か所?位しか作ってないそうです)
c3_20121203103320.jpg

茶葉の色も黄色
まず水出し5分で
c4_20121203103451.jpg

たった5分でいいお味が出ています。
一般的な玉露だと、ちょっと旨みが強くて苦手なのですが、これは飲みやすい旨みと甘みです。

3煎まで、水出し

その後、お湯で
少ししかできないお茶なので購入しようとしたら、もう売り切れ...
常連さんの知り合いがもっていたので、1袋分けていただきました

④井上 慎也 氏 (大分県 耶馬溪 テンジク蛍茶園)
無農薬がポイント高いです。
奥様お手製の和菓子
c4_20121203103410.jpg
この 耶馬溪という地に興味がありました。
お味噌やお米の販売もあり、お味噌は人気でアッと言う間に売り切れだそうです。
お煎茶「蛍」2種類(やぶきたブレンド、おくみどりのみ)購入

⑤また①の斎藤 安彦 氏にもどり、お話を聞きました。
 「炒青 ちんしゃん」と紅茶「伊久美工夫」も購入
 お茶の花のドライも少しいただきました

3時間のイベントで、遅れて行ったので、すべての茶匠さんを回れなくて残念でした。
作り手から直接話を聞いて、お茶を淹れてもらうこの企画はとても勉強になりました。
本当に熱意をもって、色んなやり方で作っているお茶、本当に個性が出ていて面白いと感じました。

貴重な少量生産のお茶も手に入れることができ、これからの「うちお茶」がもっと充実しそうです

また次回も、今度はしっかり予習をして時間通りに参加したいと少し反省です^^:
プロフィール

Rie

Author:Rie
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。