FC2ブログ
浅草 龍園でランチ & 粉花
ベトナム料理教室の友達と久しぶりにランチ

今回は浅草の龍園 TVでおなじみの栖原(すはら)シェフのお店です。

予算を言って、シェフのスペシャルを入れた季節のお任せにしました


特に気に入ったお料理にをつけてみました。

ピータン豆腐
カクテルグラスに入った、「これが中華なの」という盛り付け
下にピータンの細かくしたもの、上には豆乳のムースで豆の味が際立ってます。
でも私はピータン好きなので、もっとピータン全面がいいかも

三重県鳥羽の牡蠣 燻製仕立て ミモレットチーズ
r1_20111028183702.jpg
紹興酒が合います

小ヤリイカの老酒漬け 三浦のサラダ
小ヤリイカの老酒漬けの漬け方が浅めで、味も薄めで、生っぽさが残っています。
下のフレッシュなサラダと合っています。
好きな味です。
r2_20111028183726.jpg

秋トリュフのカニ玉
シェフのスペシャル
間違いなく美味しい
r3_20111028183752.jpg


レンコンの香味ソース【ネギ、青ネギ、生姜のソースです】

山梨 信玄鶏のもも肉と、砂肝、銀杏の炒めもの
シェフの炒め物は、味が本当にちょうどよくて、あっさりしています。
砂肝の食感もいいし、私の嫌いな鶏の皮のプニュとした感じもないです。
あっさりしているのは、米油を使っているからでしょうか。
(中華だと味が濃すぎるものも多いですよね...まあ、ご飯といただくならいいのですが^^;)

r6_20111028183847.jpg

松茸とキクラゲのスープ 
これは私たちのスペシャルだそうです。
前回、おまかせで頼んだ時に、松茸尽くしで「松茸の春巻き」「松茸のスープ」「松茸の炒め物」と出てきて、とても感動したのを覚えていてくれたのでしょうか
r4_20111028183913.jpg

蒸し肉団子 マッシュポテト
この肉団子がちょっと特別な感じでシェフに聞いたら【豚挽肉、豚バラ肉カット、鶏の膝軟骨を練り込み、揚げてから3時間以上蒸した団子です】との事でした。
マッシュポテトと餡も美味しい
r5_20111028183938.jpg


麻婆茄子
叉焼炒飯
杏仁豆腐

10品をいただき、大満足でした。
でも、全然お腹がもたれない、まだ食べられそうな感じのヘルシーさもあり、また少ししたら行きたいです。

みんなとのランチの前に土曜日はお昼ころになくなることもあるいと聞いて「粉花」に寄りました
自家製天然酵母で姉妹で作っている小さなパン屋さんです。
お店はこんな感じ
ko1_20111029081530.jpg

買ったもの これで1700円

美味しかったのは、手前左の全粒粉のスコーン、ザクザクしていて甘め、直径5センチくらいで小さいけど粉の美味しさが感じられていいですね~
手前右の胡桃マロンも美味しかったです
ko2_20111029081555.jpg
スポンサーサイト



キャーブ・ド・ポールボキューズで送別会
中高時代の友人がフロリダに引越しすることになり、送別会をしました。

急な話だったので、総勢6人

広尾駅近くのカフェデプレの地下に「キャーブ・ド・ポールボキューズ」はあります

今年の初めまで、「ひらまつ」の株主で2割引きだったので、国立新美術館に行った際に中にあるポールボキューズは良く行っていたのですが、広尾は初めてです。

ランチは2000円と3200円
3200円の前菜が海老で、アレルギーの友達がいたので、2000円のコースにエスカルゴを追加

スパイスの香りを付けた鶏肉のリエット “マルコポーロ風”
(豚や鴨は食べたことがあったけど、鶏は珍しいですね)
オリーブオイル
(お料理が出てくるのがゆっくりだったので、みんなついリエットをたくさんいただいてしましました...)
p1.jpg
エスカルゴ
かなり熱く、時間が経って大丈夫とパクッと口に入れたら、やけどしそうになりました...^^;
p2_20111018124003.jpg

p3.jpg
ポール・ボキューズ氏とジョルデュ・デュブッフ氏は50年以上の親交のある無二の親友
ボジョレーの中でも、プレステージなワインを生産する10の村は「クリュ・ボジョレー」と呼ばれ、最良の葡萄のみを厳選し、全て手摘みで収穫.
フランスの三ツ星レストランや親しい方だけに提供するというジョルデュ・デュブッフ氏のプレステージクラス(Cuvee Prestige)のワイン

ガメイ種だけど、かなりしっかり、香りも良い美味しいワインでした

カジキマグロのプランチャー焼き フォアグラのフラン添え
p4.jpg

“秋”カシスとくるみの隠れたモンブラン
p5.jpg


p6.jpg
お値段を考えると、とってもお得感がありました
国立新美術館内の店に比べると、あちらはブラッスリーということもあるけど、
こちらのほうが繊細なフレンチらしくて私は好みでした。

ゆっくりとおしゃべりできて、美味しいフレンチとワイン、いいお店でした

その後、歩いて引越す友達の家に行き、フロリダの家を見せてもらいました。
湖のそばで、素敵なインテリアの家。
壁が赤だったり、ペパーミントグリーンだったり、日本では考えられない感じの色合いだけど、それが合っていて素敵です
ぜひ遊びにに行きたいですね~(ちょっと遠いけど^^;)
プロフィール

Rie

Author:Rie
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク