FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピッテロビアンコ
妹が倉敷のブドウ園から送ってくれました
(他にもピオーネも一緒に)


ピッテロビアンコ
p_20110930132332.jpg

調べてみると
(欧州種)
古来から有名な品種・イタリア原産・別名(レディー フィンガー・淑女の指)。
本種は勾玉状に果粒が曲がっていて珍貴なため古来から有名な品種であり、イタリア原産(または北アフリカ)である。別名はレディー フィンガー(淑女の指)外観は芸術品のようでブ ドウ品種中最も優美な品種の一つ。品質極上、果皮薄く、肉質最も緊まり、皮ごと食 べられる。果皮と果肉の分離は難。白黄色。熱期は9月下旬~10月上旬の晩生種。糖度は15~16度である。酸は少なく香りはない。


食べてみると、パリッとした薄い皮で、中の身は堅めでさくっと、あっさりした上品なお味

初めて食べるブドウ?と思ったいたら、レディーフィンガーなら、以前新宿タカノのフルーツ教室で食べたことがあったかも。

その時に初めてゴルビーや瀬戸ジャイアンツをみて、食べて好きになりました。
最近よくお店でも見かけますね。
本当にブドウの種類は増えたものです。
子供のころには、べりーAとかキャンベル、デラウェアとかしかなかったような...
最近デラウェア以外はあまり見かけませんね。
どんどん食材も変化していくのでしょうか?

美味しいプレゼント、ありがとう

スポンサーサイト
鎌田克慈展
漆作家さんの器でいただく食事会(兼販売会)に行ってきました。

今回は鎌田克慈さん

赤木さんの1番弟子のまだまだ若い作家さんです。

どうして漆をやろうかと思ったかというと、高校生の頃に定年のない仕事がしたいと思ったからとか
なんだか、いまどきな感じですね
漆を教ええてくれる学校もあるのを初めて知りました。その後、赤木さんのお弟子さんに

鎌田さんの漆は、乾漆(かんしつ)技法というやり方
木の型に麻布を張り、その上に漆を塗り重ねること3~5回、木の型をはずし、高台をつけて仕上げていきます。
そのやり方も木型や布を見せてもらい、よくわかりました。

ka4.jpg
中に木の型が入ってない分とても軽いです。

今回の新しいfitシリーズの話も
吹きガラスを型にして漆の器を作り、ガラスと漆の器を2枚重ねて使うというまったく新しい分野
吹きガラスの職人さんを探し、隣でこんな形でとか言いながらガラスの型を作ってもらうのが大変だけど楽しいとか、色んなお話が聞けました。
まず、fitシリーズでお菓子
ka5.jpg
2枚に分けても使えます
ka6.jpg

その後、龍雲庵の後藤先生のお料理が鎌田さんの器で出てきます。
漆のほうをはずしておけば、ガラスの上に盛って冷蔵庫で冷やせます。
ka7.jpg


今回は1人づつに違った器で
私のは
ka2.jpg
友達のは
ka3.jpg
他にも細長い器や丸い器、色もさまざまで、それぞれがとても美しく盛ってありました

後藤先生のお話もあり、今回は毬栗揚げ(いがくりあげ)がみんなの注目でした。(私のだと左上の料理)
周りがすり身を揚げたもので、中にもみじ麩や栗、海老が入っています。
どうやってこんなにきれいに丸く作るのかということ。
なんと、大根を丸くして、すり身をつけて茶そうめんをイガイガに見立ててつけ、揚げるそうです!!
どのお料理も手が込んでいて、なかなか家ではこれだけの種類が作れないので、とても堪能しました

そして、黒のスープ皿を購入

鎌田さんの記事http://urushinoutsuwa.blogspot.com/
さようなら、トゥーランドット赤坂
アーク森ビルにあったトゥーランドット游仙境が閉店しました。(9月5日)

中華のシェフからの情報で、知り合いや料理教室の生徒さんの感謝コースがあるというので、脇屋さんの料理教室にも通っているお友達とギリギリ滑り込みで、ランチに行ってきました。

脇屋さんのお店は、食器がちょっとフレンチっぽかったり、可愛かったりで好きです
wa8.jpg

九つの喜び 海の幸・山の幸 香り盛り前菜
もう少し量があったらと思う所が、まあ、いいのかもしれません^^;
(例えば、右の真ん中はかぼちゃで直径1.5センチのボール位の大きさ...)
wa1_20110907103141.jpg

冬瓜と干し貝柱のスープ 
体に沁みわたるような元気が出るようなお味です
この器も蓋がかわいいです。
w2_20110907105442.jpg


アユの一夜干し山椒風味(これは以前、一笑茶寮でいただいて美味しかったので、また出てきて嬉しい!!
wa3.jpg

車海老と伊達鶏のヒーヒーアーヒー
2人分できたのシェアしたところ
お皿に残っている大量の唐辛子は食べられません、見た目ほど辛くはなく、ほんのりピリ辛さです。
これも以前、オマールのを勧められ、美味しかったものでした。
wa4.jpg

お皿の花柄が可愛い
wa5.jpg

お食事は選べて、私は辛い坦々麺を頼み、シャープなしびれる辛さを楽しみました
友達は辛くないほう(練りゴマ入り)のクリーミーな物を
wa6.jpg

デザート盛り合わせ
wa7.jpg

それから中国茶が蓋椀でサービス


久しぶりの脇屋さんのお店でしたが、今回のコースは脇屋さんのお勧め料理が色々入っていて、どれもはずれがなく満足でした

アークヒルズのお店はなくなって、ミッドタウンの裏あたりにバール感覚、サロン感覚、個室など色々な目的で楽しめる新店を10月にオープンするそうです。
プロフィール

Rie

Author:Rie
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。