FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
脇屋さん特別料理講習会@横浜トゥーランドット
一笑茶楼の脇屋友詞さんの料理教室に通っている友達から、料理講習会兼忘年会に誘われて行ってきました。

丸テーブルが15テーブル位?100人以上のドレスアップした奥様方
(世間は不況というけど、ここではドレスや着物などゴージャスでしたね)

まず、料理講習会
壇上でシェフが作ります。

黒豚とキノコのすましスープ

NHK「きょうの料理」でも紹介する「野菜床」
ニンニク、ニンジン、セロリなどいろんな野菜をフ-ドプロセッサーにかけ、塩や八角、花椒を混ぜ、その中に鶏肉をつけます。

中華風フリッター(デザート)

シェフが助手に入った若いシェフの男の子を弄りながら、楽しく進んでいきます

その後はお食事です

講習のお料理も3品入っています。

気仙沼毛ガニと中華オードブル
小さいカニの甲羅に中にたっぷりの蟹の身
みんなで「これだけとるのは大変よね~」といいつつ、美味しくいただきます^^;
他のオードブルも美味しい
wa1.jpg

澄ましスープ(講習の1品)
これは混ぜて蒸すだけで美味しいスープでした。
w2.jpg


クリスマス風煎り焼きチキン(講習の1品、下に野菜床に漬けて焼いた鶏肉があります)
w3.jpg

乾貨の紙包みご飯
イタリアンのような包み方ですね
w4.jpg
w5.jpg

柿とパッションフルーツのチャイナデザート
(講習の1品、チャイナフリッター、ミルクゼリーみたいなものをフリッター生地で包んで揚げたもの、うちのテーブルでは不評...)
w6.jpg
年齢層が高いからか、お食事はとても軽めです。

その後はお待ちかねのプレゼントタイム

おせちや宿泊券、ディナー券など豪華なプレゼント

でも外れた人にも、何かしらプレゼントがあります。

私は「あんぽ柿」
友達は「中華調味料セット」でした。

同じテーブルの方たちが、とても楽しい方ばかりで、美味しい食事とおしゃべりで幸せなひと時を過ごせました

また来年も参加したいです。

帰って早速、野菜床で鶏肉を漬けて焼いてみました。
野菜やスパイスの旨みと塩味がしっかり付いて、とても美味しくできました。


ぜひみなさん、お勧めなので、作ってみてください。
(「きょうの料理」テキストかネットにレシピがあります)

冷蔵庫の残り野菜で美味しい1品ができますよ
スポンサーサイト
山本隆弘展@うるしの会
越前の塗師屋、山本英明さんの息子さんである山本隆博さん(四代目)のうるしの会に行ってきました。
この会は、作家さんの話を聞きながら、その方の器にお料理を盛って出していただくという食事会

友達から、お父様の会に行ったら、本当に楽しくて大ファンになったと聞いていたので、息子さんである隆博さんの会も期待して、二人で伺いました。

今回は「龍名館」
お料理は、後藤紘一良先生の息子さんが説明してくださいました。

まずお菓子
栗の入った干し柿美味しかったです。
u1.jpg

今月はパーティー仕様の盛り付け、
これは3人分が盛られたお盆
胡桃豆腐、いかたらこ和え、鮭砧巻、柿生ハム巻
昆布〆もみじ鯛の大徳寺納豆巻?など

この大きさだと、かなりの金額ですが、欲しいですね~
u2_20101216184516.jpg

煮物(聖護院、合鴨丸、ふき)
u3_20101216184542.jpg
ちらしずし
こんな感じに一人分を分けて、同じ器に盛るのもいいですね
u4_20101216184611.jpg
取り分けるとこんな感じです
u5.jpg

日本の漆と中国の漆の違いや、お椀の縦木取り、横木取りの違い、新しく作っている細かいドットのような模様の器の話など、興味深い話が聞けて、とてもよかったです。

その後の販売会?で、色々ほしい物はあったのですが、その時に一番心惹かれた英明さんの紅茶盆(雑誌ミセスに掲載され、とても人気になった商品らしいです)を購入しました

その後、アンケートに英明さんの会を企画してくださいと書いていたら、お店の方から連絡があり、隆博さんの会の盛会に号泣し、その後亡くなったとの事

あの時に、紅茶盆に強く惹かれたことも何かの縁でしょうか。
私は、お会いする機会がなく残念でした。ご冥福をお祈りします。

こんにゃく作り
毎年恒例のこんにゃく芋からのこんにゃく作りをしました。

今回は「大地の会」ではなく「生活クラブ」から購入

芋500グラムの分量

①これがこんにゃく芋 皮をむくと約500グラム位になる
こん1

②皮をむき、芽を取り、カットして(とっても爽やかな香り)
こん2


③1.8リットルの水とミキサーにかけて、トロっとした甘酒のような状態に

④鍋に入れて、火にかけて焦げないように混ぜながら10分、フツフツ煮立ち、こんにゃくの主成分のマンナンが開き(アルファ化)透明感が出てきます

弱火にして更に5~7分練り上げます

⑤凝固材(炭酸ナトリウム)12.5グラムを70ccの湯で溶いておいた物を加え、最初はバラバラになるが手早く練り上げる
時間をかけすぎるとまとまらなくなります

⑥型に入れ、平らにする
まずプレーンを型に入れ、その後青海苔入りを作る予定
この分量だと固まりやすいのか、海苔を入れて混ぜているとちょっとぼろぼろに
こん3

⑦20分したら適当な大きさにカット
⑧沸騰したたっぷりのお湯で20~30分茹でる
⑨1時間ほど水にさらす
こん4
出来上がりです

今回は500グラムの芋2個入りで2回作ったのですが、どうも青のりを混ぜていると混ぜ過ぎになるのかまとまり辛い。
ちょっと今後の課題ですね

市販の物と違って、ぷりぷりではなくて、ちょっとざっくりした口触りで味もしみ込みやすい

ワサビ醤油、辛子醤油、食べるラー油、XO醤など、お刺身にして食べると、とっても美味しい。
ダイエットにもなるし大満足です
プロフィール

Rie

Author:Rie
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。