FC2ブログ
クッチーナ・インテグラーレ「真夏の沖縄イタリアン」
「ペル・グラッツィア・デル・ソーレ」

『太陽の恵みに感謝』という意味の有楽町のイタリアンです
 
オーガニック野菜を中心とした店です

千駄ヶ谷の店のベジタリアンの食事会や珍しい野菜の研究会に行っていましたが、有楽町店は初めてです。

今回の「クチーナインテグラーレ」 
3か月に1度のペースで、未来につなげていける地球全体の中の一つの生き物として食べ物を通じて考えていきたいといった、その時その時のテーマに沿った食事会です。

今回は卵、乳製品は入っているベジタリアン


もずく、海ぶどうのマリネ、青パパイヤとゴーヤのサラダ

このもずくのマリネがとっても気に入りました
シークワーサーの香りやみょうがのしゃきしゃき感がいいです

1_20090728092733.jpg

オクラ、ハンダマの辛子オリーブ和え
ハンダマという野菜は初めて
ゴーヤ・島豆腐のフリッタータ これも気に入りました
2_20090728092748.jpg



豆腐ヨウ風味・にがなのスパゲッティ
ニガナも初めて。細かく切ってあったけど苦いです。

島豆腐、ナーベラのペンネッテ・スクガラス添え
スクガラスは数少ない私の苦手なものかも
添えとなっているけど、混ざってました...

*スクガラス:スクガラスとはアイゴの稚魚を塩漬けにしたものです。
沖縄の方言でアイゴの稚魚を「スク」、塩漬けを「カラス」といいます

デザートはサンブーカ風味サーターアンダギーと沖縄フルーツのマチェドニア


最近、食事会に行ってなかったのですが、伊崎シェフが「お久しぶりですね~」と出てきてくれて、
作り方や食材についておしゃべりしました。

シェフのお料理は色々と勉強になります
大学で環境を勉強した後に、シェフになったという面白い経歴で素材や作り方にもこだわっているのに、作りかたなども惜しげもなく教えてくれて、本当に素敵なシェフです

もずくのマリネとフリッタータはぜひ家で作りたいと思います

スポンサーサイト



黄油蟹@福臨門
中国茶の友達から誘われて、黄油蟹を食べに行ってきました。

その友達から聞いて初めて知った黄油蟹 

福臨門のHPから

黄油蟹はこの時期しか食べることの出来ない蟹で、体中がとろけるようなクリーミーな蟹みそでいっぱいの珍しい蟹です。香港の流浮山と中国珠江流域が交わる河口付近で採れるもので、水温が上がったこの時期産卵期の蟹がかかえた卵が暑さのため溶けクリーム状になり体全身に回ることから黄(=卵)が油状になった蟹、黄油蟹と呼ばれています。

もちろんすべての蟹が黄油蟹になれるわけではなく、期間も限られているため本場香港でもなかなか食べることの出来ない貴重な蟹です。蒸し上げた黄油蟹は見事な黄色、特別な赤酢をかけて食べます。味もとてもクリーミーで濃厚です。



まず前回と同じ、
鴨、チャーシュー、豚ばらの焼物盛り合わせ

ミニ冬瓜の蒸しスープ
中に金鶏や内臓などいろんなものが入って、滋味あふれる味
4_20090717190444.jpg


黄油蟹の登場です
今年は特にお値段が高かったようで、ちょっとここには書けませんが私の感覚だと上海ガニの10倍近く
みんなでシェアして食べることに
甲羅の大きさは13センチくらいでしょうか
まだ生きていて、目をきょろきょろさせています。
kani1.jpg
足はちょっと透明がかっています
2_20090717190604.jpg
蟹味噌よりはちょっと薄いオレンジ色
3_20090717190616.jpg

味は、ふきのとうのようなちょっとほろにがさのある蟹味噌よりはあっさりしたコク
1度は食べてみたかったので、満足です。
お値段を考えるとシェアしてよかった感じでした。

1番気に入ったのは
金鶏の蝦醤風味揚げ
蝦醤のコクはありながら、砂糖でその臭さや癖を消している感じ。
ちょっと甘めだけど美味しい
(私たちは甘さ控えめで、もっと蝦醤を前面に出した感じでもよかったかな)
6_20090718093901.jpg


海老の春巻
皮がとっても薄くてパリパリ

アズキハタの醤油煮込み

5_20090718093913.jpg

蝦と菜心のかんざし炒め
7_20090718093931.jpg


ナスと春雨の炒め煮
8_20090718093947.jpg


インヨン炒飯…2色のあんかけチャーハン
これはトマトソースのほうが少し甘かった~

デザートは前回と同じ、マンゴースープ


食べたかった黄油蟹を食べられて満足です

*今回のメニューは常連の友達が事前に話をして頼んでくれたので、同じものがメニューにないかもしれません。

その後の情報で、今年は黄油蟹は終わったようです

福臨門のHPから
「今年は第一便が6/26に11匹、続いて7/3に39匹、7/10に40匹、7/17に35匹
合計125匹の黄油蟹が香港より届き終了致しました。」
2度目のミ・レイ
ベトナム料理にハマってから、色々なベトナム料理を食べ歩いています

その中でも、老舗で気になっていてなかなかいけなかったのが、蒲田のミ・レイ

東京で1番現地に近い味との評判で、予約も取りにくい店と聞いていました。
夜しか営業をしていないし、場所も蒲田で遠いのが、私にはネック


でも17時から開いているので、その時間だと予約も取りやすいので、早めに行けるお友達と、
2か月前に初めて訪問

とっても気に入りました

今回もベトナム旅行に行った友達5人で17時から

苦瓜のサラダ
苦味も少なく、海老と豚肉、甘めのたれで美味しい!!
これは家で作れそう、さっそく作ってみよう。今年の夏に活躍しそうなメニューです

<1_20090703123424.jpg

バインベオ
好きなのに作るのが面倒なので、お稽古で習っても作っていなかったバインベオ

下のもちもちの部分と、上の海老そぼろやなますのしゃきしゃき感
久しぶりにいただいて、やっぱり好きと実感
せっかくベトナムで作れるように小皿を買ってきているので、家で作ろうと決心

2_20090703123437.jpg


バインセオ 周りがカリカリで美味しい。でも前回に比べて野菜が少ない感じ

3_20090703123450.jpg

豚の網焼き とっても香ばしくて美味しい
やはりもう少し野菜とライスペーパーがほしい感じ
4_20090703123503.jpg



冬瓜のスープ 
海老と肉の団子が入っていて、しっかりだしもきいていて、ご飯にかけて食べるとさらっと雑炊のようで最高

5_20090706095116.jpg


筍と豚肉の海老味噌炒め
この海老味噌(マムルォック)はちょっと癖があるけど、好きなベトナムの調味料です。

この器は3月のベトナム旅行で友達が買ったものと同じ
またベトナムに買いにいきたくなります。
6_20090706095137.jpg


フーティウの五目炒め
フーティウがちょっと透明っぽくて、もちもちと腰があって、タピオカ粉がはいっているのかな~
ベトナムで食べたのとはちょっと違う感じ
7_20090706095148.jpg


*南を代表する麺のフーティウ。米粉を砕いて水に溶いたものを薄く延ばして蒸し、ライスペーパーを作る要領で天日で半干しする。それを好みの太さに切った平たい麺がフーティウ

前回はおなかいっぱいでデザートを頼まなかったので今回は3品

五目チェー
小さめのグラスであまりかき氷が入ってないけど、私的にはちょうどいい感じ
緑豆が美味しい。他に緑豆あんの団子入り汁粉とバジルシードのチェーも頼んだけど、これが1番気に入りました

8_20090706095718.jpg

今回も大満足

(ずっと蒲田に住んで通っている友達は、昔に比べたら味が落ちたと言っていたけど、昔を知らないから、十分美味しいと思ってます^^:)


プロフィール

Rie

Author:Rie
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク