FC2ブログ
土佐文旦&美生柑のピールとチョコレートかけ 
代々木公園のアースディで、無農薬の土佐文旦を買いました。

pi-r1.jpg

お店の方も「ぜひ、マーマレードなどに皮を使ってください」との事だったので、ピールを

家にあった美生柑(低農薬)も一緒に

*美生柑は各地で驚くほどのたくさんの呼び名があり、
愛媛県西宇和地方や御荘町で栽培がさかんなことから地名をとって「西宇和ゴールド」「御荘柑」
鹿児島など九州では「ジューシーオレンジ」「ジューシーフルーツ」「晩柑(河内晩柑)」「サウスオレンジ」
土佐の高知では「夏文旦(なつぶんたん)」の名前がお馴染みです。

柑橘はいろんな名前があっって複雑だけど、土佐文旦と美生柑は近い種類みたいですね。
身も、とてもあっさりしたグレープフルーツという感じ

ネットで色んなレシピを見たけど、去年も作った「暮らしの手帖」のレシピを採用

①よく洗い、切り目を入れ、皮を奇麗にむき、細く切る 
  土佐文旦は中の白い部分が苦いと書いてあったので 切り取る。
  この時点で 土佐文旦2個の皮 : 160g
          美生柑 1個の皮 : 50g 
(文旦と区別するために短めに切った)
          合計210g


②鍋に水と皮を入れて、沸騰するまで茹で、ざるにあげて水を切る、茹でこぼしを3回

③鍋に皮とビートグラニュー糖の三分の一を入れて火にかける。
(皮の分量と同量のビートを、3回に分けて、5分ごとに入れる。)

④弱火にして、汁がなくなるまで煮ていく 30分くらい、焦げないように

⑤網かクッキングペーパーにあげる
こんな感じ つやつや
pi-ru2.jpg

⑥⑤のままでもいいけど、半分ほどをチョコレートがけすることに
ピールが甘いので、ビターなチョコレートをかけました。
pi-ru3.jpg

手前が、美生柑ピールそのまま
真ん中、美生柑のチョコレート&ココア
向こう、土佐文旦の半分チョコかけ

あっという間になくなりそうな美味しさにできました




スポンサーサイト



うさぎや日本橋&東京洋菓子倶楽部
日本橋にお出かけのついでに、うさぎやに寄りました。

11時ころだったからか、前に2人いただけですぐに買えました。

dora.jpg
皮がふっくらしていて、「豆の味がおいしい!!」やわらかめの餡の味

流石、うさぎやです
そしてお値段もお手頃、こんな店が近くに欲しいです

翌日は、水天宮にお出かけのついでに、アド街ックで気になった「東京洋菓子倶楽部」に行ってみました。友達と一緒だったので、サロンでケーキを食べ、テイクアウトもしようと思っていたらなんと3時ころだったのに、「本日のサロンはおしまい」とのこと。
普段は夕方までらしいのですが、アド街に出て忙しいからでしょうか?
テイクアウトも6人ほど並んでいました。

買ったのは、このお店にお勧め「モンブラン」
他にザッハとアップルパイ
ke-ki1.jpg
このモンブラン、HPを見ると
「中に絞ったクリームは、バニラビーンズを贅沢に使用したカスタードクリームと生クリームを1:1で合わせたもの。
土台となっているのは口溶けのいいロールケーキ。原料にバターを一切使わず、代わりにコレステロール0%の「グレープシードオイル」を使っていること。だから、ビタミンEとオレイン酸が豊富でローカロリーな、身体にもやさしいケーキになっています。」
ロールケーキにはグレープシードオイルを使っているんですね
シンプルで美味しい
ザッハもお酒が効いて濃厚、大人の味でした

ke-ki2.jpg
ベトナム食い倒れ旅行 ② フエ
ホーチミンから中部の町、フエに国内線で移動
空港で後半ツアーのみんなと合流 


フエでの滞在は、ピルグリミヴィレッジという新しいリゾートホテル
(プールやスパもあるのんびりできるホテル)
ここの王宮料理のレストランでコスプレ夕食
こんな感じのカービングの飾りのある豪華なお料理が続々

15.jpg

朝ごはんもついていたので、少しだけ
ジュースもフルーツも各10種類くらい 
珍しいのはキューカンバージュース(まったくのきゅうりだけの味
フォーは友達と半分こに
ベトナムはプリンが有名?と本に出ていて期待していたけど、有名店でも「す」の入った、なんだか失敗したようなプリンが出てくることが多かった。
しかしここの朝食に出てきたのは完璧なプリン、おいしかった
23.jpg
24.jpg


その後、フエの名産シジミを使った料理を食べに(2度目の朝ごはん^^;)
コムヘン
コムは「ご飯」ヘンは「シジミ」
(ご飯の上にシジミ、バナナのつぼみの千切り、ピーナッツなどなど、上にシジミのスープをかけて)
あっさりしたスープに、具のいろんな食感、美味しい~
17.jpg
ご飯の代わりに、ブンというそうめんのような麺を使ったブンヘンも

チャオヘン(辛いスープのシジミ雑炊)
見た目は地味だけど、美味しすぎる味
16.jpg


お化けレストラン「アンフー」
老舗レストラン お化けが出るような路地にあったから
19.jpg

ここの名物
コムアンフー(アンフー風ごはん) 色んな店が真似して出しているそう
他にもいろんなお料理があったけど、これが印象的 美味しい
レモンを絞ったり、自分で味を調節

20.jpg

フエの市場で見たバナナ色々
完熟させているからか、甘い!!
21.jpg

夕飯を食べた店
22.jpg
ここでは「カボチャのつると海老の炒め物」が印象に残った。
つるはフキのような感じで皮をむくのが面倒なので(フエは戦争で食べ物がなかったので食べられた)
なかなか見ない料理

おやつにチェー
いろんな種類をみんなでお味見 金時豆とバナナがお気に入り
27.jpg


珍しいのは、肉まんの具?が入った団子入りチェー
でもなかなかおいしい
28.jpg

フエのインペリアルホテルでお茶
ベトナムに来て初めての「ベトナムコーヒー」
さっきのチェーの10倍以上の値段 (だからか?私たちだけしか客がいなかった
29.jpg

フエの市場で買ったフルーツ
丸いのは「サポディラ」初めて見たフルーツ 甘い柿のような味
細長いのは「タマリンド」
インド料理やベトナム料理で塊を見たことはあったが、初めて生を見た。
水分がなくレーズンのような感じで、梅のような甘酸っぱさがある味

25.jpg
26.jpg


2泊3日のフエ滞在を終えて、ホーチミンに帰ってきました

フォーの老舗「フォーホア」
ここもたっぷりの野菜が
31.jpg
頼んだのは、
半生牛肉のフォー
ちょっとすき焼きっぽい甘い味のスープ、でも美味しい
32.jpg

ランチに行った店で、あまりに暑かったので
ソーダチャンを注文
ジョッキの下に砂糖、上に氷、自分で好きな量のレモン(ベトナムのは小さいすだちのようなレモン)を絞って、ソーダを注ぐのです。甘さや酸っぱさを自分で調節できるのがいい
33.jpg

夕飯の前に、マストの「フィンフォア」のバインミーを味見
夕飯前だから、4人で1個を分けたけど、ホントに美味しかった
軽くサクサクのフランスパンにパテと野菜の甘酢、バランスがいい、また食べたい
34.jpg

スイカ&苺&レモンジュース
夏にはスイカジュースをよく作るけど、ミックスにするのは考えたことがなかった。
さっぱりしたすいかに、苺のかおり、ちょっとレモンの爽やかさもあってバランスがいい
35.jpg

アボカドシントー
アボカドに練乳などが入ったジュース、こってり甘くてお腹いっぱいになるけど美味しい
アボカド

たくさんの美味しいお料理をいただいた大満足の旅でした

しいて言えば、南部は砂糖を多く使うので、特にゴイ(和えもの)はちょっと私には甘すぎだったかな

今度は北部のハノイに行ってみたい♪




ベトナム食い倒れ旅行①  ホーチミン前半
ベトナム料理の忍先生とホーチミン&フエに行ってきました

朝、昼、夜、おやつと、とにかくいろんなものを食べて来ました。

写真がほぼ料理ばかり^^;400枚ほどあったので、その中でも印象的だったものだけ
あまりに多いので、少しづつ書いていきます。

まずは前半のホーチミン編

花鍋
真中に辛いスープが入っていて、まず海鮮を入れ、火が通ったら3種類の花をいれ、すぐにいただきます。
花は、かぼちゃやマメ科、金針菜の花でした。それぞれ微妙に味が違って、豆科の花は少し苦かった^^;
1_20090408190226.jpg

定番のフォー
3_20090408190253.jpg
4_20090408190312.jpg

ヤギ焼肉&ヤギ鍋
これはいろんなベトナムのエッセイや旅行記を読んで、いきたかったので、先生にリクエスト
まず、炭火で焼肉
白いのはおっぱいの肉、赤いのは普通の肉。全然ヤギ臭くはないです。
広い屋根だけあるような店ですが、かなり混み合っています
5_20090408190333.jpg
焼いたら
ライスペーパーと野菜に包んで、腐乳のたれにつけます
6_20090408190355.jpg
焼き肉が終わったら、
ヤギ鍋(白子のような味の脳みそも入ります)
7_20090408191244.jpg

おばさんマークのバインセオの店
ここがとにかく、いろんな種類の野菜がきれいに盛ってあったのが素敵
からし菜がおいしかった
8_20090408191406.jpg
バインセオも美味しかったけど、この可愛いバインコットも野菜に包んで食べると美味しい
9_20090408191631.jpg

隠れ家レストラン
この時、みんな疲れ気味でヘルシーに野菜中心でオーダー
ここの「揚げ豆腐・ニョクマムたれ」
見た目は、とっても地味だけどびっくりするほど美味しかった
10.jpg

はやと瓜のゴマ塩たれ&茹でキャベツのニョクマム・ゆで卵たれ
どうして、こんなにおいしいんだろう??と思うくらい、疲れた体には合っていたのか?
11.jpg

今、ホーチミンで流行?のとってもおしゃれな「キノコ鍋」の店
店内に滝があったり、グループに一人お店の人が付いてくれて、とりわけや、何と海老の殻まで向いてくれるサービスぶり、かなり高級な店でした。
(キノコの種類や具も選べます)
13.jpg

これも、旅行記を読んで食べてみたかったフルーツ
「ブースア・おっぱいフルーツ」
おっぱいフルーツの名前は、白い汁が出るからだそう
メロンと柿の間のような味、熟し具合によってかなり味は違います。
14.jpg

とにかく知らないフルーツがたくさんあります。
レストランでもフレッシュフルーツジュースが多いのは嬉しい限り
美味しかったのは、サトウキビ&苺、スイカ&苺&レモンなど
氷あり、なし、砂糖あり、なしなどリクエストできるのもいいですね。
プロフィール

Rie

Author:Rie
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク