FC2ブログ
龍口酒家@幡ヶ谷
幡ヶ谷駅から地下ですぐの「龍口酒家」に友達に誘われて、行ってきました。

薬膳中華で、メニューはなく、お任せのみのお店です。

まず、この鶏が出てきました。
テリヤキの様な味で、香ばしくて美味しい

1.jpg


アスパラとホタテのトウチ炒め
干しエビと豆苗炒め
黄ニラと自家製ベーコン炒め

すっぽんの煮込み
鍋や中華のスープは食べたことがあったけど、煮込みは初めて
明日はお肌プルプルかなあ

2.jpg


シュウマイ

メダイの辛子炒め(唐辛子は控えめで、山椒が後に来ます)

エビ団子とウド、銀杏の炒め
ウドのほろ苦さとしゃっきり感がいいです
3.jpg


浜防風といかの炒め
浜防風は刺身のあしらいに使うもので和食の素材というイメージだったのですが(私の中では)、なんと炒めものに!
セリ科なので、独特の味が炒めてもおいしいです
4.jpg


衣笠だけとナマコの煮込み
衣笠だけもフカヒレを入れてきれいに巻いてあるのはよくありますが、こんなざっくりと煮てあるのもいいかも。

5.jpg


ここで店のおばさんから、もうおしまいかどうか聞かれたのですが、「お肉をがっつりと」と注文

今回のメンバーはよく食べる人が揃ってます^^;
それで出してくれたのがとりあえずの
すっぽんのから揚げ(これは今日撮影があったらしく、その残りの少し)

豚の角煮
このあたりで私もかなりお腹いっぱいに...小さい一切れを
薄味で中華スパイスも控えめでやわらかく、とても食べやすい。

6.jpg

さすがにこのあたりで〆ることに
このお店の名物?里麺(クロレラを練りこんだ細めんにチャーシューやネギ、ザーサイが混ぜてあります)
さっぱりしておいしいです
7.jpg

焼きそば(クロレラ麺を焼いて、あんかけ)
チャーハン(具はチャーシューと卵、ネギなのですが、とても美味しい味です。何か隠し味があるのか、わかりませんでした)

ココナッツタピオカ

なんと16品8人で少しづつですが、よく食べました

帰りにおばさんにも「これだけたくさん食べて、脱落しないグループは珍しいわ~」とほめられて^^;しまいました。確かにデザートまでしっかりみんなでいただきました。
大満足です
スポンサーサイト



金の羊@新橋
かな~り遅れてますが、やっとジンギスカンに行ってきました^^;

数年前から流行っていたし、羊肉が大好きでフレンチに行ってもラム頼むことが多いのに、家族が苦手なもので、食べにいけなかったのです(涙)

だから北海道展で買ってきた人気のラム肉をこっそり食べたりしてました。

友達お勧めの「金の羊」

土曜の夜は8時過ぎでも混んでいました。(6人以上でないと予約できないようです)
でも回転は速いようで15分待ちで入れました

2階のテーブルで合い席。隣の新社会人らしき5人の男の子たちはすごい勢いでビールを飲み、肉を焼いてます

肉のメニューはラム1種類のみ

ji2.jpg


他に壁に張ってあった人気メニューの
「ニシンの切り込み」(これは日本酒に合うかなあ)
(たこの頭のぬた)名前失念
白菜漬け
野菜の盛り合わせ

ji1.jpg


焼いてたれにつけていただくのですが、全然ラム臭くなく、何の肉?って感じです

あっさりしているので、いくらでも食べられそうです

友達が言うには、月火曜限定の肉がありそれはもっとおいしいのだそう

絶対に月火曜に行きたいです


*「ラムポテト」というのも頼みましたがポテトサラダにラム肉が入っていて、これはあんまり...でした。(人気メニューに入ってなかったもんなあ…)




プーアール茶
友達のブログで、とても興味を持ったお茶があり、少しわけてもらいました
*このお店は初めての人には通販をしていないので。

盛岡にある「焙茶工房しゃおしゃん」

説明はHPから

「千年古茶青プーアール 2003年春 新芽      
2003年の4月初旬に、千年古茶樹園にて、若芽を多く含んだ茶葉を摘んで作った青プーアールです。気品のある香りと厚い甘みがあります。2003年の千年古茶の絶品と称されているお茶です」

あまりプーアールが得意ではないので、友達のアドバイス通りに茶葉を少なめで。

cya 1

1煎目
とにかくさっと淹れてみる。
飲んでびっくり
「これがプーアールなの??」というお味
ふんわりと花の香りがします。
プーアールのちょっとカビ臭いような^^;香りや味はないです。
工藤先生のサロンで、この感じが苦手と言ったら、2回3回洗茶してから飲んでみてと言われていたのに、このお茶は洗茶しなくてもOKです。
プーアールの概念が覆されました。

cya2.jpg


2煎めは少し長めに淹れてみる
少しプーアールっぽさは出たけど、美味しい
ちょっとお値段は高いのですが、それだけの価値があるお茶でした。

もう一つは
「千年古茶青プーアール 2002年秋冬晒青2級 青餅

千年古茶の美味しさに出会うなら、このお茶をお勧めします。

緑茶と同じような作り(生茶)のプーアール茶です。

薄めに淹れると爽やかで甘酸っぱい味わい、濃く淹れると深い甘みが味わえます。

台湾にいる私の師匠、宋が焙煎したものです。焙煎から時間を経て、大変まろやかで美味しい状態になっております。お勧めいたします」

これも茶葉少なめで。
さっとではなく淹れたのですが、これもおいしいです。

友達は自宅で中国茶の教室もしているので、本当に詳しくて参考になります。
こんなプーアール茶もあるんだなあといい経験になりました

GORO's DINER
友達のお勧めのハンバーガーの店に行ってきました

外苑前駅から少し歩いたこんなお店。

ハンバーガー好きな人の間では有名な店だそうです。

g3.jpg

2時過ぎに行ったので、ランチはもう終わったかなと思っていたら、
ランチは4時まででした。よかった~
ランチには小さいサラダがつき、飲み物も150円で頼めます。

初めてだったのでお勧めのアボカドチーズバーガーを注文(1300円プラス飲み物150円でした)

ジュージューと焼く音が聞こえてきて、期待が膨らみます

来ました!こんな感じです。
ボリュームたっぷり
「少し押してから、紙に包んだまま召し上がって下さい」という言葉通りやってみたけど、
やはり一口では無理、上と下になってしまいます。
上の方は赤身肉のパティのスパイシーさと肉の味がしっかり感じられます。
下のほうは、パリパリのレタスとグリルした玉ねぎの甘さが美味しいです。

g1.jpg


g2.jpg

ここはタルタルソースが特別で、どんな感じか楽しみだったけど、そんなに主張してなくてパティや野菜の味がしっかり感じられます。途中からはケチャップとマスタードで味を変えて。

バンズも天然酵母の峰屋さんのものです。

ポテトもほくほくでおいしかったし、ダージリンもマグカップでたっぷり、本当においしくてお腹いっぱいになりました


今回はパティが120グラム(130?)のサイズだったけど、100gの小さめのゴローズバーガーはBBQソースで生の玉ねぎだったり、ちょっと違うみたいです。
他にもガンボソース(オクラを使ったソース)のガンボバーガーなど食べてみたいものがたくさんあります。

また行きたいお店です。
中華料理教室
知味 竹爐山房の 山本 豊シェフの料理教室に行ってきました。

今回は1月だからか、教室というより「店の味をそっくり持ってきました」という賞味会でした。

まず、前菜盛り
1.jpg

クラゲの5色和え(これはきれいだし、自分で作れそう
右の、数の子とたらの芽のくみ湯葉和えもおいしかった~


このほかに、テーブルには5種類の前菜がのっていました。
「コウフ(小麦のグルテンから作った揚げて煮たもの)と椎茸煮」が珍しかった
胡桃の飴煮(こえも止まらない美味しさ!)
茶葉蛋(ぷーアール茶で煮たゆで卵)などなど

ふかひれ小白菜の蒸しスープ
体の隅々までやさしい味がいきわたります、お肌にもよさそう
2.jpg


オマールのスパイシー炒め
やさしい味の後にスパイシーな味、メニュー組みがばっちりです
3.jpg

エビにら餡・クレープ包み

乾燥牡蠣と髪菜の煮物(乾燥牡蠣はちょっと苦手かも)

酸白菜の五目しゃぶ鍋

酸白菜はザウアークラウトの白菜版みたいな発酵させたちょっと酸っぱい白菜の漬物、
助手できていた子が作ったもので1か月かかるそうです。
この鍋を食べたいと思っていたのが、やっと実現
具はラム肉(これがおいしい!!)牛肉、とり胸の薄切り(さっと火を通せば、意外においしい)凍り豆腐、くずきり、薬味に香菜、にらの塩漬け
タレがまた美味しい
これは酸白菜を作るしかないと決心
4.jpg

5.jpg


デザートは三不粘(サンブーチャン)
「皿にも箸にも歯にもつかない」という意味
作るのが難しい料理ということで、リクエストがあり今回登場
6年くらい前に食べたことがあったけど、味の記憶がない
卵とでんぷん、砂糖、ラードで作ってある、やっぱり苦手な味でした
6.jpg


乾燥豆と果物のシロップ蒸し
やっぱり寒い時は、温かいデザートがいいですね~

先生の大盤振る舞いで、満足な賞味会でした。

特に、酸白菜の五目しゃぶ鍋がいただけたことに満足です。
酸白菜そのものの味と作り方がわかったのが、収穫でした。
早く作ってみよう
プロフィール

Rie

Author:Rie
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク