FC2ブログ
志むら
気になっていた目白の和菓子屋さん「志むら」に初めて行ってきました。


千葉県展に入選した知人の絵を見に行くので、お赤飯&手土産を探していて、ここを思い出しました。

目白駅から近く、1階がお店、2階3階が喫茶になっています。

ここのお赤飯は、柳家小さん師匠のお気に入りだったそうです。
でもネットで調べていたら、カキ氷について書いている人が多く、「生イチゴカキ氷」「キャラメルカキ氷」などが人気のようでした。
残念流石に今の時期はカキ氷はなく、来年の宿題となりました。


お赤飯と、お店のお勧めの九十九餠(つくももち)と福もちを買いました。

九十九餠(つくももち)写真右
全卵をふんだんに使った「こし」のある求肥の中に、口当り良く煮含めた虎豆を入れ、ほのかな甘味を生かす柔らかな餠に無糖の風味良い黄名粉をまぶしてあります。

福もち  写真左
柔らかい餅に少し塩味のきいた青豌豆を散らして、ほんのりと甘い小豆のこし餡を包みました。口の中に豌頭豆の味が広がり柔らかい中にもこしのあるもちもち感を味わっていただけるお餅です。

(店のHPより)

20071021094859.jpg


九十九餠はもっちり程よい甘さで、周りのきな粉が無糖なのもあっさりしていて、とっても美味しかったです。それに賞味期限3日が嬉しいです。

福もちも、えんどう豆と餡がいい感じです。

手土産に良い物を見つけられて嬉しいです

ぜひ来年はカキ氷に挑戦したいです


スポンサーサイト



レストラン七條
ずっと気になっていたレストラン七條にいってきました。

先週土曜日に、あるソムリエさんのお別れ食事会があり、このレストランの話が出ました。
よく行く方が幹事になってくれて、ラッキーなことに水曜日にみんなで行くことに決まりました。
(なかなか予約の取れないお店なのです)

*神保町の小学館ビルB1にある洋食屋さんなのですが、休みの日にシェフが北島亭に修行に行き、フレンチも出すようになったそうです。


お店の雰囲気は、「洋食屋さん」

コースは4500円で前菜、エビフライ1尾、メイン、デザート、飲み物です。

アミューズでキャロットラペ(人参の千切りサラダ)
さっぱりして美味しい
お箸が付いていたので、お箸でいただきます。
一口だからフォークよりお箸が使いやすいです。

前菜:うにのコンソメジュレ

しっかりコンソメの味がして美味しいです。
20071009102203.jpg


真鯛のカルパッチョも美味しかったです(一口もらった^^;)

エビフライ 
この店の人気メニュー?だけど、味はまあまあかな^^;
(この値段だから、いえないかな)
20071009102219.jpg


メイン:子羊のロースト・黒オリーブソース
このボリュームにビックリ外国サイズです。250g位?
焼き加減もばっちりで、嬉しいです
20071009102234.jpg

黒豚のローストも美味しかったです(ちょっと赤いのが気になったけど、大丈夫なのかな?)
パンかご飯も付きます。ご飯が付くのが洋食屋さんらしいです

この後、デザートなのですが、7人いたので、欲張って名物のビーフカレーとハヤシライスも1人前づつ頼みました。
これはカレー、小さいサラダも付いてます。
これも美味しい。私はハヤシライスよりカレーが好みでした。
20071009103849.jpg



デザート:コンポート(この日は、イチジク、洋ナシ、パイナップル)にアイスクリーム
20071009102252.jpg


この後、飲み物、一口のパウンドケーキが来ました。

う~ん。お腹いっぱいで満足です。
小食の人は厳しいかも(今回も若い男性のお皿に、お肉が移動していきました)
ワインも手ごろで、このコストパフォーマンスは最高です

雰囲気は洋食屋さんで、席も近いのですが、美味しい物(お肉)をたっぷりリーズナブルに食べたい時はぴったりです。
また行きたいと思います

新満漢全席
中華料理に詳しい知り合いに誘っていただいて、
ずっと食べてみたかった満漢全席を
横浜の大珍楼新館で体験することができました

*満漢全席とは
満漢全席(まんかんぜんせき、中国語 滿漢全席 Mǎn-Hàn quánxí、マンハンチュエンシー)は、清朝の乾隆帝の時代から始まった、満州族の料理と、漢族の料理のうち、山東料理の中から選りすぐったメニューを取りそろえて宴席に出す宴会様式である。後に、広東料理など、漢族の他の地方料理も加えるようになり、西太后の時代になると、さらに洗練されたものとなった。盛大な宴の例では、途中で出し物を見たりしながら、数日間かけて、100種類を越える料理を順に食べる場合もあったと言われる。

特別室の入り口で銅鑼(どら、ちょっとビックリしました)で歓迎
まず左のテーブルでお茶(冬虫夏草と日本山人参)とドライフルーツなど(これはこの後の食事を考えてパス)

左にはこんな飾り物が
20071002112234.jpg


真ん中が食事のテーブル
テーブルクロスも金(サテンの金色)ナプキンもサテンの赤、刺繍がしてあり、カトラリーも金とピカピカ豪華です。
みんなに帽子(いろんな色で辮髪べんぱつ・みつあみみたいなのが付いています)があり、被って食事します。
(この帽子はお土産に持って帰れました)


点心がまず4つ(鮑のタルトが美味しかった~)

冷前菜8種類
一口ずつのが小皿に。西太后が好んだといわれる鴨の燻製、蒸し鮑が美味しかった

孔雀の形の前菜
魚のすり身などを使って美しく演出したものです。
目がピカピカ光ってます^^;
20071002112255.jpg


すっぽんのエンペラ(乾物だそうです)
周りにはどんこで亀(上には金粉)と赤い金魚も作ってあります。
コラーゲンたっぷり!プリプリでお肌によさそうでした
20071002112316.jpg


ツバメの巣入りキヌガサ茸
とってもあっさりした上湯の味です。トマトが中にろうそく?がはいっていて光ってます^^;
20071002112340.jpg


ふかひれ(よしきりざめ)姿煮(12人分)
こんなに大きいふかひれを見たのは初めてです
長いところは40cm位あったかも。
20071004182919.jpg


一人分 (繊維が太くしっかりしています。とっても歯ごたえがあるというか、麺を食べているようと言っている人もいました)
20071004182929.jpg


子豚の丸焼き(尻尾が可愛い)
大好きです
2年前に香港で食べて以来、好きだけどなかなか食べる機会がありませんでした。
北京ダックには執着がないのに、子豚は好きです。
20071004182944.jpg

20071004184526.jpg


吉浜干し鮑の煮込み
(真ん中をくりぬき、干し貝柱が入っている。くりぬいた分はエビで巻いてあります)
旨みが凝縮していて、最高に美味しかった

20071004184539.jpg


20071004184545.jpg


エゾ鹿の炒め
牛フィレの感じ、柔らかく、鹿っぽさがなかった。
20071004184959.jpg


子豚のレタス包み
さっきの子豚の丸焼きの肉を使って、じゃがいものバスケットとしょうがの甘酢と包んでいただく。さっぱりしてなかなかいいです
20071004185010.jpg


あんかけ海鮮チャーハン

カエルの脂質入りココナッツミルク
この脂質は初めてたべました。
柔らかいぷるんとした感触で美容にいいということですが、なんだか蛙が目に浮かんで...
20071004190122.jpg


小さいデザート4品
ウサギのお饅頭
20071004194337.jpg

花形のパイ
20071004194405.jpg


ひよこの焼きまんじゅう(殻を割って出てきた感じにしてあります)
スワン型タルト

フルーツ
20071004194629.jpg


とっても豪華なお食事で、貴重な経験ができました。

最後のデザートの頃には、お腹いっぱいで大変でした
他の皆さんは、熊の手やラクダのコブとかも食べたことがあるとか。

また機会があったら、そんな物も一度は食べてみたいなあと思いました。
やっぱり香港か中国に行かないと難しいかなあ^^;


プロフィール

Rie

Author:Rie
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク