スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お引越し
今まで、このブログを見ていただき、ありがとうございました。

あまり更新できず、「どうしたの? もっと更新して~」と言われることもしばしば

使い勝手や設定などを考え、ちょっと気分をかえて、お引越しすることにしました。

お引越し先はこちら

これからもよろしくお願いいたします
スポンサーサイト
おうちでチーズ会
多くの有名レストランに卸しているチーズ屋さんからのチーズお取り寄せ
(中国茶の先生の知り合いだということで、みんなで注文)

今回は、ありとあらゆるお料理を習っているソーニャちゃんを始め、食卓コーディネーターのりんちゃん、雑誌にレシピを出しているSちゃん、料理の先生Tちゃんと素晴らしいメンバーで、持ち寄りパーティーです

今回のメイン・チーズ3種
・ブリー・ドー・モー AOP

・モンドール(いい具合にトロトロ

・ミモレット 18ヶ月

c2_20131222134917404.jpg

c11_20131222142315fe6.jpg
(りんちゃんにはテーブルコーディネートをお手伝いしてもらいました

自宅なのでちょっとバタバタしていたら、それぞれのお料理写真とり忘れ...

奥はTちゃんの焼いてきてくれたフォカッチャ(サツマイモ入りでどっしりタイプ)
この後、チャバタもうちで焼いてくれました
アマニの実入りで美味しかった~

真ん中はSちゃんの「牛肉のテリーヌ」
(ポルチーニやピンクペッパー、松の実がアクセントに

牛肉の層がきれいで、Sちゃんの丁寧な性格が表れてますね。

手前の右はソーニャちゃんの「メカジキのソテー・フルーツソースがけ」
さすが色んなお料理を習っているから、ザクロを飾るなどバリエーションが素敵です

りんちゃんの台湾土産のドライマンゴーと胡桃デーツ
c9_20131222141744f04.jpg
ワインに会いますね~

私は、牡蠣のオイル煮
ジュノベーゼ味と、先日行った中国茶の忘年会の恵比寿ロウホゥトイのラージャオジャン味
c3_2013122214003634e.jpg

シュークルート(温かく、そしてさっぱりした物をと考えて)
ポイントは サイボクのSGP(スーパーゴールデンポーク)を使ったハーブ塩豚と
フランス在住の知り合いお勧めのザウアークラウト(これが普通のと違ってあっさりとしてシュークルートを作るのにとても合うのです。パリから持って帰ってきました...)
そしてイタリアのサルチッチャ(ソーセージ)
ちょっと大根も入れてみました^^;
c7_20131222140625d49.jpg
マイユのマスタードも添えて
生マスタード、カシスフレーバー、ハーブフレーバー、ブルーチーズフレーバー
c8_201312221406433ee.jpg

スパークリング
ソーニャちゃんお勧めのドイツワイン
私のコートドボーヌと3本のワインを飲み

ソーニャちゃんお手製「キムチ」も
c4_201312221412412b5.jpg

デザートはTちゃんの焼いたチョコレートシュトーレン
甘さ控えめ、具がぎっしり
c5_20131222140124ff0.jpg

ゆっくりと落ち着いて、おしゃべりと美味しいお料理の数々、とても楽しい年末のひと時でした
手作り酵素
名古屋にいる料理友達に、久しぶりに会ったら、とても元気そうで美肌になっていました
聞いてみると「手作り酵素」を始めたのだとか


その名古屋の先生が東京でも講習会を開くというので、私も友達を誘って、早速行ってみました
まず。先生のお話
酵素は、腸内の環境を整えてくれ、血液をきれいに、代謝も高めてくれるとの事
市販の物は、流通させるために加熱してあるので酵素のほとんどは死んでいるので効果が薄いそうです。
そのため、手作り酵素を作る人が増えているのです
(手作りの酵素は、涼しい所か冷蔵庫保存で、蓋もゆるくしておかないと、生きているから吹き出してしまうほど)

ダイエットにも効くようで、私の知人は酵素で(これは市販だけど)プチ断食して、その後5キロも痩せたのです

その後、家庭科の実習のように調理台に分かれて実地に習います。
どのように切るのかとか、どのように重ねるのかなどしかり習います
これはリピーターの参加者の材料なので、私たちの持ち帰りはありません。
5人で無農薬の野菜や果物30種類を小さくカット
なんと5人で、1時間半かかりました。


1人で作るのは大変なので、友達と2人で作ることにしました。
翌週、先生から無農薬の材料を取り寄せ、2人でカットカット
頑張っても10キロもあるので、2時間半かかりました
01.jpg
特にカボチャやイモ類は力が要ります
私は翌日肩が凝ってマッサージに行ってしまいました


砂糖の浸透圧を利用して、酵素を引き出します
砂糖は発酵の途中で、ブドウ糖と果糖に分解されるので、いわゆる白砂糖が悪いのではと心配することはないのだそうです。
カットした材料と砂糖11キロ、昆布から作った発酵剤を入れます
(30リットル漬物樽です)
02.jpg

これから私が出来上がるまで面倒を見ます。

翌日の様子(何もしなくても汁が上がってきました)
これを毎日ぬかみそのように、かき混ぜて発酵をうながします
03.jpg

10日~2週間、毎日、かき混ぜます
こんな感じです。
04.jpg

2週間経ったので、ざると網で濾します
05.jpg

ここへ、昆布から作った「海の精」という酵素を加えます(塩の「海の精」ではないです)
これを加えることによって、材料の野菜や果物に、海からの酵素も入る事により、効果アップするのです。

灰汁が出るなら、それを取り除く
今回は、少し置いて様子を見ても灰汁が出ないようなので、これで出来上がりです。
出来上がった酵素としぼりかす(これも使えます)
4~5倍に薄めた酵素(とても美味しいです)
kouso.jpg
お友達の所にも渡して、約1ヶ月の酵素作りが終わりました

これで美肌、ダイエットがどうなるか楽しみです
北鎌倉までお出かけ
グルメなソーニャちゃんに誘われ、りんちゃん、M佳ちゃんと4人で北鎌倉までランチに

実はミシュラン1つ星の「幻董庵

北鎌倉駅から徒歩で行ける古民家風の懐石料理です
g1_20131104093159c76.jpg

12時スタート、2階の席でした
たたみにテーブルの席が、かなりぎっしり

まずは、日本酒^^;
この竹を模した酒器が素敵です
奥のワイングラスは、M佳ちゃんの葡萄ジュース
g2_20131104093130989.jpg

菊花かぶとフォアグラのあんかけ(下にフォアグラのソテーがあります)
g3_20131104093427868.jpg
ちょっと残念なのは、お品書きがないこと...

ぶれぶれですね
てっさ 
にこごりもプリプリで、味もシンプルで美味しい
この青ネギをお海苔で巻いてあるのがすごいです、職人を感じますね。
後ろにハタのお刺身が隠れています

g4_20131104093502707.jpg

マツタケの土瓶蒸し
定番の鱧、帆立のあんぺいと一緒に
g5_20131104093536958.jpg

合鴨とサーモンのほう葉焼き
ほう葉味噌の甘さがくどくなく、いい感じです(私は、ほうば味噌が甘すぎると感じるお店が多いのです。)
お皿もフレンチやイタリアンでよくある真ん中が丸くくりぬいてある物でした。
こんな感じに和食で使うのもありだなと参考になりました。
g6_201311040952033ee.jpg

甘鯛の東寺蒸し(東寺というのは湯葉を使ったお料理です)
g7_20131104095232804.jpg

海老と柿のカマンベール湯葉巻きあげ
g8_20131104095313f20.jpg

〆は、ふぐ雑炊
g9_20131104095338c5e.jpg
g10_2013110409541282d.jpg

デザートは「無花果のアイス」
コーヒー紅茶、お抹茶があったのですが、アイスクリームと聞いたので紅茶に
小さい胡桃羊羹が付いていたので、お抹茶でもよかったかも
g11_201311040954445a6.jpg

12時スタートで、終わったのがなんと4時
3時間かかるとは聞いていたのですが、なかなかお料理が出ず、ちょっと間延びした感じ
ちょっとお客様を入れすぎかしら...

2階の窓からの景色、空気がよく、ゆるりとした感じがとてもよかったです

(お隣のおばさんグループがが、コースが違ったからか、こちらのお料理をのぞきこんだり、こちらのことを大声で話していたり... もう少し席が離れていたらよいのにな~残念でした)


ソーニャちゃん、誘ってくれてありがとう。
ご一緒したりんちゃん、M佳ちゃんも楽しい時間をありがとう

でも実はこの後に、2次会があることに
GWのパリ④三ツ星ディナー「エピキュール」
(色んな事があり、ちょっとサボっていました...^^;)

泊まったル・ブリストルの中には、三ツ星レストラン「エピキュール」があります。

そこでも1度ディナーを
毎日の朝食もここで、スタッフやマネージャーも顔見知りになったので、初めてのディナーでもなじんだ感じです。

今回はスペシャリテを食べたかったこともあり、コースには入ってないので、アラカルトでオーダー
予約時間が遅かったこともあり、メニュー選びの時にそのスペシャリテは残り1つになっていて、すぐにオーダーしました(間に合って、よかったです)

アミューズ色々
e1_201308221521324d9.jpg

e2_20130822152156d49.jpg

e3_20130822152226bce.jpg

e4_20130822152250a68.jpg
ここまでがアミューズ
どれも美しくて美味しくて、期待が膨らみます

夫の前菜
軽く火を通した手長海老にキャビア、茎セロリのゼリーに柚子のクリーム
e5_20130822152420692.jpg

私の前菜
イチョウガニのグリーンゼブラトマトのゼリー仕立て、エストラゴンとカレー風味
e6_20130822152709513.jpg
e7_2013082215273965f.jpg
感動のお味です

そして食べたかったスペシャリテ
ブレス鶏の膀胱包み(2人前)
これを2つのお料理でだしてくれます。
・ジョーヌ風味の胸肉、グリーンアスパラ、モリーユ茸、ザリガニを添えて
・モモ肉と西洋ネギとジャガイモ、トリュフと共にブイヨン仕立てで

e8_201308221531324cd.jpg
膀胱って、こんなに膨らむんですね~!!
ここなかに丸々1羽のブレス鶏が入っています

そしてこの左の男性がサービスをしてくれた、ムッシュD
イタリア人でとっても陽気、夫ともジョークをいったりして、三ツ星とは思えない楽しい雰囲気を作ってくれました
右の男性が目の前で1羽を、とても素早く綺麗にさばいて、胸肉のお料理の盛り付けをしてくれます

e9_20130822153528eeb.jpg
この鶏の足がついた銀器がさすが、三ツ星のスペシャリテですね
e11.jpg
しっとりと火の通った胸肉にクリーミーなソースが合います
旬のモリーユもたっぷり

胸肉をはずした残りの鶏を厨房に持って行って、こんな感じで出てきました。
さっきが古典的な膀胱で包んで旨みを閉じ込めたのに対して、
次は現代的な加熱用のセロファンで包んで旨みを閉じ込めたスープ
e12.jpg
トリュフの香りがセロファンを開けた途端、香ってきました。
濃厚な鶏の出汁が利いていて、小さい角切りのモモ肉やジャガイモと普通の材料だけど、全然別格の物です。
e13.jpg

もうお腹いっぱいで、ここのパティシエが色んな賞をとった期待の人なのはわかっていたのですが、デザートはパス(残念...)
それでもこのアイスクリームが、お口をさっぱりとさせてくれました。
e14.jpg
その後に、ワゴンで...もう入る場所がありません(涙)
そうしたら、小さい箱に少し入れて、お土産にしてくれました。
e15.jpg

ムッシュDのおかげもあり、三ツ星だけど、堅苦しくなく、とても和やかで楽しい雰囲気で食事ができました。
彼に感謝です
味もサービスも、とても満足なディナーでした

プロフィール

Rie

Author:Rie
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。